第4回 クラシックレーサー鑑賞会 British Racer and others

d0383596_21474707.jpg



毎年恒例になってきたけど、だんだんネタも尽きていくクラシックレーサーレーサー鑑賞会です(笑)。


さてさて、今回は何回目になるのでしょうか?


第1回のテーマは「イタリアンレーサー」

第2回のテーマは「ジャパニーズレーサー」


ここら辺りまではなんとかかんとか着いていけましたが、、、、


第3回のテーマは「フレンチクールスルート」


ちょっと、千切れぎみ。。。。。


そして、今回の第4回目は、


「英国車!!!!」


完全にブッチ切れです。(笑)


と、そんな風に思っていたのは、僕だけでは無かったようで、「こりゃ、盛り上がりに欠けるんちゃうかあ?」と主催者のUGの兄♭♭♭様から、「英国車。でも別に何でも良い・・・・」

みたいな感じに、なりました。


それでも、基本「英国車」!!!!


こりゃやばい!

千切れたときはそれはそれは寂しいもので、寂しいのはいやなので、まいちゃんを強引に連れ出していきました。


まいちゃんすまん!(笑)



d0383596_21475569.jpg

微妙に遅刻して行ってしまいましたが、「英国車やから、台数少ないんちゃうの~」とか思ってたら、何の何のあーた!!!!今までとかわらんじゃないか!


恐るべしは自転車ヲタ!!!!!



まあ、すんませんが、千切れまくりなので、そこはもう、昼からのプレゼンメインにレポートしたいと思うんですけど。。。。。



d0383596_21473079.jpg

まいちゃん。。。。。あんたなんで忍者コスプレ?




実は、まいちゃん、コスプレ好きなのです。ハロウィンとかになると、血みどろのナース服着てUSJ行きたくなるんだそうで、そんなまいちゃんにお昼ご飯の時にUGの兄♭♭♭さんが言いました。「ここ、忍者コスプレできるで。。。。奢ったるわ!!」



即答で、「やります!!!」



まあ、ノリがいいのはいことだ。。。。。(笑)



そして、たきちゃんはっちゃける。。。。。(笑)興奮しすぎやねん!

d0383596_21473150.jpg






そうそう、レポートね。ああ、何かやる気なくすわぁ。。。。。







トップバッターは、たきちゃん。。。。

d0383596_21473171.jpg




ジャパニーズレーサーの時にも見せてもらったマシン再登場です。

たきちゃんの初体験マシン。015で組まれたケルビムR1ジュラエースフルセットだそうで。。。。


って、今日英国車ちゃうん!!!(笑)




次は、てっちゃんさんのヘッチンスです。

d0383596_21473102.jpg



バック三角がややこしい形してます。これは、路面の突き上げを緩和するように考えられているんですって。ここ最近もベンデッドシートステートかありましたねえ。アイデアは遙か昔から存在したようですけど、乗ってもわからないそうです。





UGの兄♭♭♭さんのヘッチンス。

d0383596_21473172.jpg

これもバック3角の形状は特等有ります。てっちゃんさんのといっしょ。

固定で乗っておられるそうです。





今度は、またまたてっちゃんさん&UGの兄♭♭♭さんのです。

今度はベイツ!

d0383596_21473257.jpg

d0383596_21473267.jpg


ヘッチンスはリアバックのベンドに特徴のあるマシンですが、ベイツはフロントフォークにややこしいベンドが入っています。

しかし、この形状、最近どこかで見たぞよ。。。。。

そう!ピナレロのフォークに見られるオンダフォーク!!!

ここにも、過去のアイデアが!!!!

がしか~~~し!!!

てっちゃんさん曰く、「下りでブレーキ握った瞬間にめちゃくちゃにばたつく!」そうです。

でも、UGの兄♭♭♭さんは大丈夫だという。。。。。たぶん、ヘッドアングルの差ではないかと。。。。


そしてそして!!!ベイツがなぜオンダフォーク形状にしたかという秘密があるわけで、写真を見て気付いた人はいるでしょうか?

実は、ベイツのトップチューブとダウンチューブは真ん中が太くなっているチューブです。

ガチガチ剛性のメインフレームなので、ショック吸収性をフォークにしてもらおうという魂胆だったようです。とにかくフレームの剛性を上げたかったんでしょうけど、応力の集中はよりラグのところにかかってくるから、それはそれはラグの形状は立派です。

ちなみに、てっちゃんさんのは固定。UGの兄♭♭♭さんのはスターメーアーチャーの内装式変速機装備です!英国車には内装変速機がよく見られますが、今回は比較的外装式変速機が多かった様に思います。






さて、ちょっと息抜きに、というか、ぼかあ、かなり興奮しましたが、Pandaさんのロシニョールロッシンです。



ばあ~~んん!!!!!

d0383596_21473200.jpg




巷では非常に珍しいというか、貴重な存在とされるロシニョールロッシンですが、daisukiさんのワンオーナーロッシンもロシニョールだし、UGの兄♭♭♭さんだってロシニョールですし、僕らの廻りには結構ようけあります(笑)。

もっと貴重がるべきものなのに!!!!(笑)

ですが、このロッシンの完成度はなかなか凄いです。

d0383596_21480524.jpg

d0383596_21480507.jpg

d0383596_21480584.jpg

d0383596_21480673.jpg

こんなん、クロイシさんのモントリオール76しか見たことないです。

フルパントモデルなのは当然として、そのパントもロシニョールRで揃えてあります。

http://classicrendezvous.com/Italy/Rossin/Rossin_1975_olti27.htm

まったくもって、このロッシンの色が違って、年式が違って、リアメカの肉抜きが無いだけかと思いきや、

d0383596_21480595.jpg

なんだ?オフセットボルトが入っているではないか!



d0383596_21480690.jpg

リアメカの年式も76年!!!半端ねえ〜〜!!!

Pandaさんによると、「ロッシンかマラストーニを探していて、このフレームをを見つけて、あとは必死でパントパーツ集めた!」そうです。苦労しただろうなあ。。。。。。あらゆるRマークはロシニョール!!


ああ!!!シフトレバーの写真がありません。


d0383596_21480677.jpg

ちょっと気になるが、ちゃんとシートポスト留めれてますでしょうか?




d0383596_21480738.jpg
ローギア、26Tですって!僕のん、23Tでもアウターケージガリガリいいますけど、どないなってんやろう?

取り付け角度に秘密があると思われ。。。。。僕のはもっとディレーラーが寝てます。








さあ、気を取り直して、プレゼンのレポートを。。。。。







Kokoさんのモールトンスピードシックス

d0383596_21482687.jpg


「小径じゃん!」というたあなた!!!

モールトンをなめてはいけません!

モールトンのポテンシャルは半端ないんです!

Kokoさん、このモデルに10年間恋していたそうです。

すごいなあ。。。。10年間も。。。。。





Corsaさんの素性不明車。でも、英国車でしたっけ?

ダメだ~~~!!!思い出せない~~~!!!

d0383596_21482665.jpg


どっかで、拾ってきた感じだったけど、見ればナベラグ着いてて、ハンガーもナベックスで、こらすげえ!ということで、素性も不明やし、はずしの美学で組んでみたそうです。

すいません。。。そろそろお腹膨れてきてます。。。。。記憶が飛び飛びに。。。。

カンパGSのクランクに高木のリングを穴をヤスって合わせてセットしたというくだりは覚えてます。






ちょっとコーヒーブレイク気味に、英国車以外のを。。。。


79さんのゼウス

こういうデザイン好きだなあ。。。。。

d0383596_21482677.jpg


79さんのイタリアンレーサーのコレクションはそらもう大変なもんですが、ゼウスもあったとですか!

ゼウスはスペインのメーカーで、カンパのコピーかと思うような、というかコピーで有名でした。まあ、その辺はスギノやサカエはクランクデザインコピーしまくっていましたからあれですけど、ゼウスは変速機までコピーするという。。。。。

79さん曰く、「いつかはZEUS」。。。。(爆)




ゼウスはもう一台!!!!

Corsaさん&たきちゃん(輸送係)が、委託出品されてました。

d0383596_21482702.jpg


年式は揃ってないそうですけど、やっぱりオールZEUSです。





赤繋がりで、記念写真におさまるまいちゃん。。。。。

d0383596_21482776.jpg


ええと、忍者が忍法使うときの印を結ぶポーズを要求されたようだが、、、、、、


う〜〜んと、それは、浣腸ポーズ。。。。。(爆)






次はですね。。。。。三好のSさん

僕のハートを打ち抜きマシン!

プジョーPX10DU!!!!

d0383596_21482719.jpg


この自転車は、ちょうど僕がスポーツサイクルを始めた80年頃、ホンダが輸入していたモデルです。

ビチューのアルミフレームをラグで接着するという方法で、作られていました。この接着剤がくせもんで、抜けるそうです。こわい~~~!!!

しかし、そのことはさておき、フレンチレーサーのプジョーですが、構成パーツに至るまで、徹底的にフランス製にこだわった作りは凄いと思いました、これは、当時からそうでした。

ブレーキはマファック、シフト関係はサンプレックス、クランクはストロングライト、ハブはペリシェ、ハンドルはフィリップ。

もうちょっと写真撮っといたら良かった!!!!m(__)m

d0383596_21483430.jpg

d0383596_21483569.jpg

d0383596_21483579.jpg






UGの兄♭♭♭さんのMERCIAN

メルシャンではなく、マーシャンって読むそうです。

d0383596_21484365.jpg


軽量化にこだわったパーツ構成だそうです。

なんで、ここにSRサカエのクランクなのかな?と思っていました。

フリーもサンツアーマイクロライトでボトルケージも最軽量の日東中空ステンレス!






Daisukiさんのスパルタン。ジャパニーズレーサーの時にもありました。ヘッドマークは諏訪姫です。

d0383596_21484432.jpg


いつもUGの兄♭♭♭さんに「要らんもん外せよ~~!!」って言われてはりますが、そのサイクルスタイル好きです!





Nakaoさんのエクタープロトン。これもジャパニーズレーサーの時にもありました。

d0383596_21484409.jpg


Eroicaの話は良く聞きますが、とうとう、イタリア本国でのEroicaに参加してしまわはりました。

Eroicaはエロイカですけど、エロいか?ではありません。というのは、つい口にしたいオヤジギャクなのかもしれませんが、そこは、TPOをわきまえて発言するのがよいと思います。たきちゃん。。。。(爆)





さあ、今度は、ケンちゃんさんのマラストーニとてっちゃんさんのマルコマラストーニ。

d0383596_21484479.jpg

d0383596_21484424.jpg



マラストーニは、僕がスポーツサイクルを始めた頃に全く興味が無かったレーサーの中にあって、ロッシンと共に気になる自転車だったのです。そこPandaさんと一緒です。

そして、マラストーニは息子のマルコをレース中の事故で失い、マルコマラストーニという名前になったというのは有名なのですけど、ここに、ちょっと気になる噂というか、いや、これ、僕もどこでとか、どの本に載ってたとかいう具体的な記憶は無いんですけど、マラストーニはスパルタンな純レーサーなので、フレームに火を加えるブレーズドオンな加工は一切無し!アウターバンド使用で、Wレバーもバンド止め。一方のマルコマラストーニは、若干ラグジュアリーに振り、アウタートンネル、直付加工も

やっちゃってるよ!っていうスタンスの車。というのを見たか聞いたかしたような記憶があるんですけど。。。。。

単に、マルコの死をきっかけにブランド名が変わっただけみたいです。てっちゃんさん。。。。

ほんとのところはどうなんだろう?






ややこしい形のフレームは英国車のPARIS。UGの兄♭♭♭さんのです。

d0383596_21484448.jpg


何でこんな形状になったのかは全く不明ですが、どんな感じか乗ってみたかったんだそうです。

結果、ごくごく普通の乗り味だったとか。。。

ofはやまさんから「ラグどないなってますのん?」と質問が飛びました。ま、こんな形のラグはありませんから、至極当たり前の質問ですわね。

「良い質問です!ofはやまさん!」というのはUGの兄♭♭♭さんの言。

バイラミネート工法で作られました。





さて、ここで、英国車のラグについて、ちょっと気にしてみましょうか。

ぜ~~~~ったいに誰かがやってくれはると思っていたので、ぼかあ、めんどくさくって撮らなかった写真があるのです。(カメラマン失格)

Kokoさんありがとうございます。ちょっとお借りします。返しませんけど。(笑)

d0383596_22080560.jpg
左上:ビル・ハーロウ
中上:ベイツ
右上:カールトン(未出)
左下:名称不明(未出)
中下:ヘッチンス
右下:PARIS



ラグって、パイプとパイプの継ぎ手ですわね。

そのカッティングはその自転車の個性を醸し出すのに,非常に重要な役割を果たします。

イタリアンレーサーでは当たり前ですがイタリアンカットラグが使われ、フレンチレーサーではナベックスプロフェッショナルなんかのコンチネンタルカットで装飾される事が多かった様です。

さらには、継ぎ手としての役目もしっかりと担わねばなりません。

しっかりと火を入れて、ロウをラグとパイプの間も流れるように溶接しなければなりません。ラグのカットが複雑であればあるほど、この作業は難しいものになるでしょう。3角のフレームの形になると多方向から火を向けるのも困難になりますから、この辺がビルダーの腕の見せ所。

じゃ、英国車はどうかというと、上の写真みたいに唐草模様とかに近いやつもある、ややこしさ!!

こんなんキレイに火通るの?いや通らない。。。。

どうするか?

装飾部分を一回り大きなパイプで作って、それをパイプ端に溶接。パイプの橋に他のパイプを溶接するだけだから、面倒くさいけど、いろんな方向から火はあてられるし、技術的にはそんなに特別に難しいものではない。これを繰り返すと、パイプ端にラグの装飾の施されたパイプが何本も出来る事になる。これをラグレスと同じように溶接して仕上げると複雑なラグの着いたようなフレームが出来上がるというわけ。

これをバイラミネート工法といいます!



ふう。。。。レポートを続けましょう。

もう、満腹で吐きそう。。。。。。(笑)



ををう!!

次は,超おされな79さんでした。

d0383596_21484430.jpg


アルベルト・マージ製作のピストレーサー。

フロントホイールをラジアルで組むのは79さんのデフォルトなのですって。

これ、行きつけの自転車屋に眠ってたやつだそうです。。。。キレイ。。。。

MASIのフレームって、カラーが独特です。





UGの兄♭♭♭さんのクロードバトラー。

d0383596_21484530.jpg


これって、見るの初めてだったっけ???

ズズズ~~っと前から知ってる気がするんですけど、なぜだろう?

RRCBの掲示板の最初を飾ったのって、確かこのクロードバトラーではなかったでしたっけ?





そして、またまたUGの兄♭♭さんのこれはなんでしたっけ?

すいません。。。。もう、満腹すぎて、吐きだしてます。。。。

d0383596_21484575.jpg




さあ、最後ですよ!!

UGの兄♭♭さんのです!

W B Hurlow

d0383596_21484513.jpg

ビル・ハーロウって読むそうです。

このマシンも、ややこしいラグデザインですけど、これはちゃんとしたラグだそうです。

すげえなイギリス人!







はあはあ。。。。もうないか?もうないか?

いや実は後3台有るんですけど、「レーサーじゃ無い」とか「ビンテージじゃ無い」という理由でプレゼンは無し。もう一台は、たきちゃんが持ってきてた、LeMansロード。話聞きたかったなあ。。。。けど、たきちゃんが自主的に辞退。。。。





これで、全部のプレゼンが完了しました。

ほんま凄まじい毒気!


今日、行ってみて思ったこと。



「英国車、半端ねえ~!」



絶対手ださんとこと思いました。



いやいや、Deep過ぎる世界に引きずり来れそうになる1日でしたが、

何とか社会復帰できました。




d0383596_22140170.jpg

なにわともあれ、UGの兄♭♭♭様、楽しい1日をおおきにでした。

何とも場違いなくノ一姿に変身したまいちゃんにも感謝(爆)

サイクルタレントのギャラは焼肉でした。





おわり








[PR]
Commented by コルサ at 2018-06-26 14:23 x
私の素性不明車まで取り上げていただき恐縮です(笑)
>でも、英国車でしたっけ?
当日、UGの兄様とお話したところでは、どうやら兄様のベイツと同じ海外のコレクションにあって名古屋のコレクター?に買い付けられ、まとめて日本に入ってきたようです。
そしてBBスレッドがBSCだったので私が英国車と勝手に決めつけました(笑)
>拾ってきた感じだったけど
そうそう、入手はそんな感じでした。日本での最初のオーナーがバラした状態で放出。入手のポイントはカンパ(旧型CW)、TDC(小ギヤ)のブロックタイプの駆動系が付いていたからでフレームホイールはボロボロでまったく興味はなかったんです(笑)
>カンパGSのクランクに高木のリングを穴をヤスって合わせてセットしたというくだりは覚えてます。
そこだけ覚えていただいていれば十分です。ただ、いずれブロックタイプの駆動系に戻すつもりではいますけど(笑)
Commented by vivva2000 at 2018-06-26 15:37 x
もしもし、オリジナルCWに戻したレニアーノはどこ行ったんですか―
Commented by tamz_ortho at 2018-06-26 23:16
コルサさん、毎度です。
間違ってなくってよかったです。(笑)
もう、忘れないうちにと、必死でブログ書きました。(笑)
来年はもう、覚えきれないかも!

vivva2000さん。
待ってたのに。。。。
代わりにプレゼンしてもらおうと思ってたのに。。。
そら、プレゼンしてる本人が写真撮れませんのでね。写真はないですわ。
ええと、ステムとリムは自慢しときました。
ちなみに、あのチェーンホイールは薄歯だそうです。
1/8のチェーンの方がシフトうまく行くけど、フレームに擦りますわ。。。。。
Commented by てっちゃん at 2018-06-27 07:47 x
鑑賞会は刺激が強烈過ぎて私には目の毒だったような♪

レストアレベルが月とスッポンなのは当たり前ですが(^^;;
私が心の中で『UG兄♭♭♭様、半端ないって!』叫んだ理由
あんな個性のある自転車、普通に乗りこなせる訳ないやん!
自転車が乗りてを選ぶんやったら、最初っから言っといてもらわんと!
兄様に握手してもらとけば良かった。。ワールドカップの見過ぎかな?(≧▽≦)
Commented by vivva2000 at 2018-06-27 09:22 x
当日は野暮用で、、、新車も間に合わんかったし。。。
あはは、自分で用意した46Tのリングと勘違いしてたみたいですわ。
リアハブ調整してみて下さい。
当初玉あたり調整したときにズレたのかも(^_^;)
Commented by tamzortho2 at 2018-06-28 22:07
てっちゃんさん、そんな謙遜されんでも、てっちゃんさんすごいの知ってますから。

正直、レーサーとして一番格好いいのはマルコやとおもいました。


vivva2000さん、フリーコグの位置は、コッパの時もちょっと指摘されてたので、そのうち見てもらいますわ。
Commented by てっちゃん at 2018-06-29 20:06 x
まえださん、そんな謙遜とか言うレベルの話やないですよ。

わかりやすく言うと子供の時サッカーやってて彼のドリブルを見てコイツ(子供時代なのでタメ語でゴメンナサイ)には絶対に勝てんと思った瞬間でした。
子供の時サッカーやってなかったけど・・・(^^;;
もっとわかりやすく言うと北山では絶対にまえださんを追い掛けない!そんくらい圧倒的実力差を感じた瞬間でした。(≧▽≦)

それともう一つ思い知らされたこと、ヤフオクでも拘りを買えると思ってたけどそんなん売ってる訳無かった!・・・_| ̄|○

Commented by てっちゃん at 2018-06-29 20:30 x
追伸、北山だとまえださんが転んだら追い抜けるチャンスもあるかも!?(笑)
Commented by tamzortho2 at 2018-07-01 20:02
てっちゃんさん、なんや意味わかったようなわけわからんような。。。。。(笑)
Commented by tamzortho2 at 2018-07-02 07:42
それにしても、マルコ、格好いいなあ。。。。
レーサーとしてのスタイルが最高です!
by tamzortho2 | 2018-06-25 22:06 | Comments(10)