人気ブログランキング |

Coppa del Cambio Bacchetta 2019

コッパデカンビオバケッタ2019


平成最後のコッパの日を迎えました。


がしか~~し!今年は仕事がめちゃくちゃに忙しくって、全然練習していません。そもそも自転車に乗る時間だって全然減ってます。


しかも今年からブロンズ無くなってるし。。。。

モチベーションが上がりません。。。。



さ、そんなこと言うてても、コッパはコッパ!!!


頑張るしかない!


d0383596_00101597.jpg

今年は、常連のUGの兄♭♭♭さんやofはやまさんも来ないそうで、chara先輩は来るかと思いきやすぐ近所に車停めてツーリングしてるとかで、なんか人も少ない。。。。。



ダメダメ!!!テンション上げていきましょ!!!!




カンビオコルサ以前の「降車せずに変速できる変速機」ビットリアマルガリータと言う変速機の動きを目の前で見せていただきました。すごいです!

さらには、ずっと謎だった、カンビオコルサの後継パリルーベの動きと動作も90%理解できました。乗らせてももらいましたから!!!!!(嬉)






さあ、これが、ビットリアマルガリータです。

d0383596_00101593.jpg

チェーンだら~んとなってますけど、これをダウンチューブとシートチューブの間のロッドを操作してチェーンステー下に見えるプーリーがテンションを取ります。




d0383596_00101522.jpg

変速操作自体は、この羽で行います。これを操作するのは、ロッドの先端に着く蝶ネジみたいなやつ。これをグリグリ回すのです。いやマジで。。。。これがチェーンステーの羽にロッドでつながっていて、羽を動かすことができます。


ローギアとトップギアではチェーンのラインが違うので、テンション取るプーリーがいい位置にないと、チェーンがプーリーから外れてしまってアウトです。






そして!!!パリルーベだぁ!!!!!




d0383596_00102255.jpg


一本ロッドです!!!!

この一本で、変速操作とハブ軸の解除を行うわけです。


どんななってると思います?(笑)


僕は、カンビオコルサ仕様の自転車を所有していますので、その構造と操作の独創性は理解していますが、パリルーベは謎でした。。。。。。



d0383596_00102287.jpg
カンビオコルサと違って、ハブ軸のハウジング部分が複雑な感じです。(笑)



このパリルーベ、クイックを90度解除すると、ハブ軸が解放されます。ここまではカンビオコルサと同じです。しかし、ここからさらにクイックを180度まで開くと、右のエンドに接する部分のギアに噛んでいるカムが解除されて、ハブ軸への影響がなくなり、今度は変速用のガイドが動くようになるのです。従って、この時のクイックレバーの位置は後ろ向き。カンビオコルサとは感覚的にレバー操作の方向が逆になりますが、ハブ軸を解放した動きの延長でシフト操作ができるというのはすごい利点だと感じました。

さて、変速できたとしましょう。ここからですわ!!

今度はクイックをしっかり閉めないといけないわけです。180度開いた状態からクイックを締めて行きますが、忘れないでくださいね。パリルーベはこのクイックの動きでチェーンを動かすガイドも動くのですよ。でも、ガイドプレートが動いたところでチェーンは動かしていないので変速はしません。そんなもんうっちゃっとけばいいわけです。

ややこしいのは、90度まできてからやっとこさクイックが閉まるのですよ。わずか90度で、ペダルを踏むパワーに勝てるほどクイックを締めないとあかんのです。 ここで効いてくるのが右エンドのすぐ外にあるギアです。このギアはハブ軸と一体化するようになっていて、よく見てくださいね。このギア、一方向にしかギアが噛まないようになってるでしょう?クイック締め付け時に、カムがこのギア部分を締める構造になっています。すなわち、ここのクイックは通常のハウジングの中の偏心による締め付けと、このギアが効く締め付けという2種類の動きによって、短いストロークでしっかりとハブ軸を締めることができる構造になっているようです。

今まで釈然としなかったパリルーベの動きがちょっとわかった気がします。


しかし、まだ疑問はあるですけどね。。。。。また解明できたら報告します。





さあ、レースレース。


毎度、予選として個人TTを走り、上位3名で決勝レースをします。

出走順はあみだくじで決めます。

今回、僕は4番手出走。


単に写真バシャバシャ撮ってただけなんですけど、帰ってきて見てみたら、なかなか興味深いものが写っていました。



d0383596_00101510.jpg

第1走者はタクミくん。

スターターは、元チャンプのkappaさん!!!!




d0383596_00101549.jpg

を!帰ってきた!

ええ感じなんとちゃう?

と思いきや、よくみないとわかんないですけど、ギアがローに入ったまんまです。

この場所、坂道を下ったところですけど、通常、上で変速操作をしておかないといけません。というか、しないとペナルティーですから。

彼は変速操作をしたのでしょうけど、うまく出来なかったというのが真相だと思います。

しかし、このローギアのままでこの後の平地区間を進むのはちょっとロスが大きすぎます。タクミくんもそれはわかっているようで、ここで変速を敢行!!!!

d0383596_00101536.jpg




そして、撃沈!

d0383596_00101596.jpg

気が焦ったのでしょう。チェーンのテンションが取りきれていないのにはクイックを締めちゃって、チェーンテンションが取れず、そのままチェーンを外すという。。。。


3周走る間に、この変速を6回しないといけないのですが、失敗するとかなり大きなタイムロスです。タクミくん、このあと焦っちゃって、3分以上のタイムロスでした。





d0383596_00101631.jpg

2番手はチョコ君。

アイズの刺客とは彼のことです。(笑)

僕は何回も彼に絡んでいますが、撃沈に次ぐ撃沈!(爆)

まあ、それは当たり前なんですけど、6回ある変速作業で、1回でも失敗すれば、脚力差はキャンセルされるかもしれません。



d0383596_00101602.jpg

上手いやんけ!!!(笑)





d0383596_00101617.jpg

あまりにスムースなので、HARUMI専務、全然ちゃうとこ撮ってはります。(爆)




でも、チョコくん、このあとシフトミスからのチェーン脱落やっちゃいました。結果タイムは大きく落ち込んでしまったようです。






第3走者はkappaさん。ええ、おそらく世界一カンビオコルサを上手に扱えるご婦人ですとも。

その変速操作を見たことがありますけど、全くロスがない。ペダルの逆回転だって、僕らみたいにグリグリ回しはりませんし!(笑)

d0383596_00102293.jpg

そして、kappaさんは毎年ご主人と半年間の風呂掃除を賭けて勝負に挑まれていまして、その変なプレッシャーからか、今年は痛恨のシフトミスがあったみたいで、これはなかなか結果が楽しみですわよ!!!






さ、第4走者は僕でした。

色々と言い訳とかしときましょうか。(笑)

我が、レニアーノローマは数年前にvivva2000さんに譲ってもらったチャンピオンマシンです。

しかし、トップギアに入りにくいという欠点を持っております。トップギアへのシフトの成功率は、10%くらいでしょうか?

なんとかトップギア使えないとめっちゃ困るのですけど、なんとかならんかなああ。。。。

いろんな人に今年も聞いてみたけど、解決せず。。。。まあいいか。。。。

チェッ!!テンション上がらんわ~~~。。。。。

と、Cog@BLKさんが言い張りました。「前のギア、でかっ!!!!」


そうや!!!


去年と変わったところがありました。

フロントのギア板です。

前のは42か44か忘れましたけど、vivva2000さんが交換しはったアグラッティーのクランクについたTAのギア板でした。でも、去年のクラシックレーサー鑑賞会の時に持っていく事になって、「綺麗にメッキかかっている」という理由だけで、オリジナルのレニアーノ刻印入りチェーンホイールに戻していました。こっちの歯数は50T。

我がマシンはハイギアード化されている!


トップ入らなくて、ちょうどかもしれない!!!!

ハイギアードになるので、上りはきついけど、まあ、ダンシングでかけ登れれば全然おっけ!


なんか、すごい気が楽になった!!!!



行ったる~~~~!!!!本気出したる~~~~!!!!



変なテンションのままスタート!!!!


d0383596_00111716.jpg
(撮影HARUMI専務)



去年まではダートだったところがなぜか舗装されて、まあ、レースの面白さという観点ではがっかりなんですけど、走りやすくなったのは間違いないので、僕的には大歓迎。


ぐんぐん漕いで行きます。チョコ君が「カーブ曲がったら向かい風ですよ」っていうてましたが、まさに!!!

坂道に入って、シフトダウン!

サクッと決まって、ダンシングで駆け登ります。

登ったらシフトアップ!やっぱりトップには入らない。。。。元々ハイギアードなので、このまま回していきます。

今年は、しゃっちょこばってなかったからか、「ああ、いまどの位のタイムで回ってたんやろう」とかは全く思わず走れました。

6回のシフト操作も、ミスなく、シフトポイント的にもいい場所で行えたと思いました。3周回目の最後のシフトアップ時に特に何かをしたわけでもなくトップギアに入ったのには笑ってしまいました。最後でほんとよかった!(笑)




その他の方々の走りをば。。。。。

d0383596_00112407.jpg
(てっちゃんさん)



d0383596_00112445.jpg
(HARUMI専務)



d0383596_00112403.jpg
(Cog@BLKさん。ものすごいダッシュが伝わってきますね)






そして、Cog@BLKさんのシフトアップシーン。


オラオラオラァ~~~!!!!



ハブ軸解除!(上のクイックが後ろ向いてるでしょう?)

d0383596_00112458.jpg



シフトじゃあ!!!!(ローギアーからの、、、)

d0383596_00112460.jpg



シフト完了!!!!(ギア変わってるのわかります?)

d0383596_00113671.jpg


でも、知恵の輪シフトです。

そんなとこから手入れてようシフトしますわ!(笑)





次の集会まで2分ほどの間、ボケ~~~とします。

d0383596_00113605.jpg


d0383596_00113670.jpg

てっちゃんさんはモンテローザっていう自転車。

元々は、チェーンステーがバキバキにゆがんだりしていたフレームを入手したそうです。

それを、IRIBEさんが見事に賦活させたという。。。。



d0383596_00113678.jpg

を!piyoさんが来はりました。

毎回、風呂掃除半年がかかっているので、見ている僕らはドキドキします。(別にそんなことはない)


ああ。。。チェーン弛んでるわ。。。。。

これは、ホイールが動いてチェーンテンションを取りきる前に、ついクイックを閉めてしまった。



がしか~~~し!!!!

リカバリーが見事です。

d0383596_00113674.jpg


d0383596_00113703.jpg

d0383596_00113787.jpg

d0383596_00113749.jpg

d0383596_00113799.jpg
わかりましたか?

チェーンがたるんでいる状態からのハブ軸緩めてディテンション!


実はpiyoさんも、知恵の輪シフトでした。(笑)




なんしか、piyoさんは、今年kappaさんに勝利しはりました!!!!

風呂掃除はkappaさんです。知らんけど。。。。




あ、親方が。

d0383596_00113746.jpg

もう、親方くらいになると安定のシフト。

見ていても全然面白くないです。



d0383596_00114851.jpg

でも、このシフトアップポイント。。。。。

僕は、ずっと気になっていることがあります。

ここって、ガツンと登って、右に曲がって、思いっきりハアハアしながら、右シートステーに手を伸ばす場所でしょう?まあまあヨレヨレ状態で、いつか誰かが左手の畑に落ちやしないかと。。。。。




d0383596_00114943.jpg

ここ、去年まではダートだったんですけど、舗装されてしまいました。

ちょっと面白くないけど、車きてないか確認しないといけないところなので、まあまあ助かります。




さ、予選の結果です。

なんとなんとの僕が予選トップタイム!!!



ああ。。。決勝走らないといけません。。。。。

2番手タイムはチョコ君。

チェーン外れたのに、差はちょっと。。。。

3番手はCog@BLKさん。

kappaさんはなんとなんとのシフトミスで、ロスタイムだったそうです!



ご飯を食べて、軽く昼寝して、万全の体制で決勝レースです。


とここで、親方が信じられないことを言い出しました。


「決勝は5周にする?」


しませんしません!!!


全力で反対します!!!

絶対に筋肉になんか起こる!!

無事ではすまない自信がある!!!



なんとか3周にしてもらい、スタートです。

去年は、ハンデレースで、時間差スタートでしたけど、今年は同時スタートです。

d0383596_00114940.jpg
(HARUMI専務撮影)





舗装されたエリアを加速していきます。

後ろにはぴったりチョコ君。


「1周目引いてください。2周目僕引きます!」

「オッケー!」(3周目はCog@BLKさんに引いてもらおう)


坂道に差し掛かりシフト!


2人とも、サクッとシフトが決まり、頂上へ。

軽い下部分で、チョコくんシフトアップ。しかし、僕はまだハアハアしているので、シフトポイントがもうちょっと先になってしまう。ここで抜かれる。


d0383596_00114934.jpg
(HARUMI専務撮影)




なんとかテールツーノーズで2周目突入!


約束どおりチョコ君が前を行きます。

がしか~し!加速すんな!!!!(笑)

そのままのスピードでいけ!!!!(笑)


舗装されたので、右コーナーのコーナーリングスピードも上がったので、ここはノーブレーキで一気に差を詰めます。

をチョコくんペースを緩めてくれた。。。。。助かる。


2回目の坂道。

もう、しんどい~~~!!!!!


登りきったら、シフトアップ!

チョコくんに張り付いてコークスクリューを駆け下ります。

d0383596_10042497.jpg
(HARUMI専務撮影)




さあ、3周め、Cog@BLKさんに先頭交代!!!!



おらんがな!!!!!


全く姿見えないじゃん!!!!!


チョコ君に必死でついて行きます。。。。

なんかギア重いし!!!!

トップ入ってるし!!!!最悪やし!!!!



しかし、なんです。このあたりで、チョコくんの大根役者ぶりが露見してきました。


「はは~~ん。。。客に華を持たせようと言う魂胆かあ。。。」

いや、まあそれはそれで嬉しいけど、露骨だし!(笑)


全然関係ないところでシフトレバーに手を伸ばすチョコ君。

ハブ軸緩んでないか確認しとる!(笑)

緩んでない!!!ここで緩んでたら、すでにチェーン落ちてるし!!!


さあ、最後の勝負ポイントの坂道です。


ここで、シフトミスしよったら、遠慮なく抜く気でしたけど、サクッとシフトを成功させる!!!


ホイールくらい外してくれやんと!!!(爆)


僕はと言うと、シフトポイントもめっちゃいいところで決まって、あんまりロス無しで登れたと思います。

頂上で、HARUMI専務が「いける!!頑張って!!!」と声をかけてくださる。。。。。

シフトアップ!!!!

トップ入ってるし!!!!!シャキッと加速できないじゃん!!!(笑)



チョコ君が後ろ見た。そして、コークスクリューの入り口でインを思いっきり開けてくださる。



頼む!もうちょっと上手いことしてくれ!(爆)

そこに飛び込んだら、ライン的にも勝てるのはわかっているんだが、そこに飛び込むには、プライドとかいろんなものを捨て去らねばならないのだ。(笑)


僕は、今後もコッパを楽しく走っていきたいので、チョコ君に先にゴールしてもらいました。

ブロンズ欲しかったけど、そういうのでもらっても面白くないしなあ。。。。


平成最後のブロンズは、やっぱりチョコ君でした。。。。

もう、ミスすんなら決勝でしてくれたまいよ。。。。(笑)

d0383596_00114953.jpg



なんしか、楽しいイベントをありがとうございました。

天気はまあまあ曇りだったけど、雨は降らなかったし、まあまあ寒かったし、参加人数も寂しいめだったけど、楽しかったです。

来年からはコース変更されるそうですが、それも楽しみです。

もうずっと参加を決意していますので、今後ともよろしくお願いします。




あ、今年、集合写真撮ってませんやん!!!!!




d0383596_00114971.jpg
カンビオコルサじゃないけど、piyo&kappa夫妻のマラストーニ。



猫のライトが可愛いです。





おわり





Commented by UGの兄♭♭♭ at 2019-05-01 13:57 x
ん~、すばらしい!
抜かせてもらっての優勝なんかいやや!、という男のプライドに感心しきり。ワタシなら「おおきにー」と抜かせてもらいますが。
まえださん、実は男子率高いですね、惚れなおした。
Commented by tamzortho2 at 2019-05-01 14:32
いやあ、かなり露骨でしたから。

チョコくん、親方と専務に怒られてないかなあ?
「演技下手すぎんねん!」とかなんとか。。。(笑)
by tamzortho2 | 2019-05-01 09:51 | LEGNANO ROMA ' 1948 | Comments(2)