人気ブログランキング |

えべっぷりさん企画~灼熱の峠越え2連発~の集合は柘植駅。

でも、そこから伊賀上野まで走ってくるとのことなので、僕は伊賀上野から合流することにしました。


家から、加茂まで走って行きました。

d0383596_19063090.jpg


今日は暑なりそうです。。。。



d0383596_19063083.jpg


輪行パックがめっちゃ上手いことでけまして、10分かかってないと思われ。。。。

完全にコツを掴みました。

今まで、ハンドルはフロントバックと一緒に首からぶら下げていましたが、やっぱりハンドル自体が袋の外に出るのはよろしくないので、これをうまくまとめようとすると、なかなかうまいこといかずに苦労してました。もう、大丈夫!!!(笑)


加茂駅では、JR乗り継いで来られたofはやまさんと合流

d0383596_19064632.jpg





伊賀上野に到着です。

d0383596_19065994.jpg


d0383596_19080566.jpg


d0383596_19080503.jpg


d0383596_19080594.jpg


d0383596_19080507.jpg

いつ見ても渋い駅です!




改札を出ると、待合室に、つい先週も一緒に走っていたUGの兄♭♭♭さんがぽつねんと腰掛けてらっしゃるではないですか!!!





さあ、本隊が柘植から走ってくるまでに僕らも走れるようにしましょう!



d0383596_19082949.jpg
(UGの兄♭♭♭さん撮影)

ofはやまさん、余裕!




本隊も到着して、無事スタート!!

d0383596_19090297.jpg





総勢で8人ですな。このくらいがいいと思います。(笑)

d0383596_19090271.jpg





いきなり、御斎峠にアタックです。しかも変な道で。(笑)

d0383596_19090278.jpg




まあまあハアハアして、やっと本道に合流です。

d0383596_19090941.jpg
(UGの兄♭♭♭さん撮影)


上りはまだまだ続きますで。




しかし、嬉しい誤算がありました。この御斎峠はほぼほぼ南向きの斜面ですので、日差しがたまらんやろうなあと思ってたのですが、結構日陰があって、しかも日陰はとても涼しかったのです。これは助かりました。

d0383596_19094786.jpg


d0383596_19094703.jpg


d0383596_19094767.jpg


d0383596_19094829.jpg




僕は、まあまあ覚悟していたので、え?もう着いたの?という感じでした。

d0383596_19094865.jpg






予定では、ここでお昼ご飯を食べることになっています。

ええ。場所探しですとも!!!!





コースリーダーのえべっぷりさん、事前の下調べで、いいロケーションの展望台を昼食場所に考えてはったみたいですが。。。。。

d0383596_19094856.jpg




めっちゃ階段!!!!!





偵察に行きはったのですが、えべっぷりさん曰く、「展望台の東屋には先客のアベックがお弁当食べてる」らしく、失意に戻ってこられました。。。。。



アベック。。。。。死語ですね。。。。




その辺の木陰で。。。。。

d0383596_19094845.jpg



ご飯を食べたら、信楽まで下りです。

d0383596_19094875.jpg




今考えたら、駅に行く必要なかったかもしれないですが、僕はお腹が痛くなってきてたので、駅は必須でした。(別にコンビニでも良い。。。。)

みなさますいません。

タヌキの電話ボックスは浴衣着てました。

d0383596_19095903.jpg




UGの兄♭♭♭さんは夕方から用事があるとのことで、車を止めている伊賀上野まで戻られました。





僕らは、山沿いの道で持って、雲井へ移動して行きますが、あまりの暑さにコンビニに避難してアイス補給!あまりのほっこりさに誰もアイスの写真撮ってない!(笑)

d0383596_19103395.jpg





さあ、2個目の峠にアタックです。

アセボ峠。。。。。勾配は9%くらい。

距離感も全くわからないので、気持ちがあるうちに一気に登ってしまいました。

d0383596_19103331.jpg







chara先輩来た~~~

思いっきりハアハアしてはります。

「めっちゃ頑張った!」らしいです。

d0383596_19103385.jpg




と、その直後、飄々とえべっぷりさん!

d0383596_19103338.jpg

ん~~ん。。。。Cog@BLKさん抜いて来たのですか?

しかも全然ハアハアしてはりませんやん?

こないだの早朝ランの時も、後ろに張り付いてはりましたよねえ。。。。

実は一番速いのはえべっぷりさんやったりします。



Wi-hujiさんとカトーちゃん

d0383596_19103308.jpg





Cog@BLKさん

d0383596_19103374.jpg





Ofはやまさん

d0383596_19103451.jpg




ちょっと休憩したら、スーパーダウンヒルです!

めちゃくちゃに気持ちいい下りを堪能して、灼熱の下界に下ったら、旧東海道を草津宿まで走ります。

d0383596_19103471.jpg





天井川~~~

d0383596_19103479.jpg




北島酒造~~~~

d0383596_19105456.jpg

ここのお酒、旨いですぞ~~~。




石部宿で、Wi-hujiさんとchara先輩とお別れです。

d0383596_19110048.jpg




なんと、変態なお二人は自走で帰ると。。。。。




僕は嫌です。(笑)

無事草津駅に到着して、輪行状態にしたらその辺に鍵かけておいて、ああ、この後の事は書けません。。。。実は、この40分間が一番ハッピーだったかもしれません。




えべっぷりさん始め、遊んでもらった皆々様、ありがとうございました。

これからは輪行でツーリングしまくりたいです。





おわり






by tamzortho2 | 2019-08-12 19:19 | GradBois @ TOEI | Comments(4)

朝から嫁はんは、東京へ行くと言う。
チアダンスの応援だそうだ。。。。。
まあ、娘はチアダンスやってましたがね、ここにも書いてませんけど、高校ではキャプテンもやってて全国大会も部門賞からグランプリから何から何まで総なめにして、有終の美を飾って卒業しましたがね、でもまだ今度は指導者の立場で部活に行くと言う。。。。。そして、指導者になってまでも東京の大会について行くという。。。。
で、それに嫁はんもついて行くんだと!!!!

いや、まあ別にいいけど。。。。。

朝から嫁はんを駅まで送って行って、そのまま高速に乗りました。。。

日吉起点の美山周回コースとか思ってたのですけど、何気に見たFBの投稿見てビビりました。

なんと、美山」は積雪!!!!

市内起点の保津峡〜神吉ぐるりんぱ。
ああ、そうだ、こないだ、このコースに名前がついたのです。

ラリー裏んボア

はい。先の3月10日に行われた、ラリーグランボアで、中京地区からお越しの皆様をCog@BLKさんが、「走り足りないでしょう?」とオプションで設定してはったコースです。コースは、基本的に杉坂から京見越えのノーマルコースを外れて、細野〜神吉〜保津峡と思いっきり遠回りをするという。。。。

まあ、昔からよく走ってるコースはコースなんですけど、名前つけたほうがわかりやすいですやん?(笑)
「どこ走るの?」
「ラリー裏んボア」
みたいな。。。。
ほんでもって、基本的にこのコース走るときは保津峡から登って行くパターンが多いので、今回もその方向にしましたので、ラリー裏んボア〜逆回り〜なわけです。


ああ、、長い。。。。。



d0383596_17385716.jpg

広沢池の脇から、大ちゃんロードに入っていきます。
去年か一昨年かに大ちゃんに教えてもらった道です。
大ちゃんは、こないだアイズバイシクルを退職して、九州に帰ってプラットフォームっていう自転車屋を開店しました。
そっち方面な方、ご贔屓に!!!!!

ちょっと道間違ったけど、(そういえば、大ちゃんも時々道間違ってたなあ。。。。)いつもの道に入ります。
d0383596_17385729.jpg

まだまだ観光客は少ない時間です。


d0383596_17385804.jpg

川津桜かなあ?


d0383596_17385839.jpg

僕のコンデジはLUMIXのTZ90というやつです。RAWでも記録できるまあまあハイエンドなモデルだと思うんですけど、やはりデジイチには負けるなあ。。。。


せっせと六丁峠を越えて、保津峡駅俯瞰ポイントに着きます。
d0383596_17385838.jpg

まあまあ、カーブミラーと右の木邪魔!!
うまいこと切り取れそうに思いますでしょ?
それがなかなか。。。。すんません。。。。。。


d0383596_17385942.jpg

日の光の入り方なのかはわかりませんが、今日はどこも水がすごく綺麗に見えました。

今まで、「保津峡ってそないに大して凄いこともないやん」とか思ってましたが、今日は「けっこう綺麗やん」と思いました。



すぐ脇の川の水もめっちゃ綺麗に見えました。
d0383596_17385910.jpg

そんなに落差のある流れでもないんですけど、水の泡がひちの底の方まで吸い込まれるように残っていて、すごい立体感というかなんというか。。。。


d0383596_17385974.jpg

水尾の里辺りまで来ると、もう京都市とは思えない景色になってきてます。この辺の景色大好きなのです。


d0383596_17385945.jpg

すごいいい匂いするなあと思っていたら、道の下に梅林がありました。
そうだ!!!ここは、今の季節桃源郷のようになるのです。タイミングが非常に難しいですけどね。
d0383596_17390032.jpg

手前は柚子の木で、向こう側は梅の木です。


d0383596_17390972.jpg

神明峠まで来ました。。。。。じんみょうとうげって読むんですけど、実はここからがしんどい。。。。。
何回かすでに書いてるかもしれませんけど、この神明峠は僕の自転車のすぐ先から左に下っていく愛宕林道の峠になります。メインルートは峠の頂上から尾根伝いに樒原〜越畑へといく道。尾根道というものは、必ず鞍部にある峠からは上りになるのは当たり前。。。。。上りはさらに続くのです。。。。。クソ!!!

3つ目くらいのピークが本当のピーク。(笑)
d0383596_17391042.jpg




緩やかに降っていくと、杉林から一気に視界が開けます。(写真はうまく撮れませんでした)
いつもの定点観測に近い神社。(笑)
d0383596_17391056.jpg

こうしてみていると、そんなに悪いバランスではない気もするけど、いかがでしょう?
やっぱりヘッドチューブ長いですか?
フロントバックでかいですか?


d0383596_17391016.jpg

樒原〜越畑は、かなり標高の高いところに展開する集落ですけど、信じられないくらいに広い畑があります。いや、田んぼか。。。。
棚田になってますので、全貌を見ようと思ったら、上から見ないと。。。。。ちょっと無理。。。。


d0383596_17391001.jpg

消火栓邪魔やわ。。。。。電柱も邪魔やけど、無いと自転車置けないし。。。。。(笑)




まつばらで蕎麦という手もあったけど、一人で入るのもなあ。。。。。と、スルー。




d0383596_17391132.jpg

この頃には雨も上がって、廻り田池もとても綺麗でした。



d0383596_17391164.jpg

神吉村道路元標にご挨拶。


と、目に飛び込む道路情報案内
d0383596_17391152.jpg

はあ???


もし何なら、ここから引き返せと?

あり得ません。。。。。ダメ元で突っ込んでいきます。
バリケードがあったら、ちょっと考えることにしますぅ〜〜〜


なんてことない、R477の方だった。。。。
裏んボアのコースはバリケードなし。
「全面通行止」の看板のみ!
でもバリケードなし!!!


自己責任で突っ込みます。。。。。



何の問題もなく、細野までこれてしまいました。
車も全然通れましたけど?何故「車両通行止」でなく「全面通行止」?


細野でおにぎり食べたら、細野村道路元標にご挨拶。
d0383596_17391125.jpg






笠トンネルをくぐります。手を伸ばしてダイナモ倒して、、、、あれ?

電気点かへん。。。。。

まあ、幸い、笠トンネルはまあまあ明るいし、車もちょうど来なかったので、無灯火で全力で走り抜けてしまいましたが、何で点かない?

まゆゆ2号は、大ちゃんの手で電装コードフル内蔵だぞ!!!
と、あ、ダイナモのところで電線外れてました。。。。。。

d0383596_17391869.jpg

小野郷村道路元標にもご挨拶。



d0383596_17391824.jpg

ここ、岩戸落葉神社は秋にはそれはそれは素敵になるのですが、新緑前の今は、まあまあ悲しい状態です。


杉阪口で、信号。ふと横みると、廃橋が。。。。。

これ確か、たきやんさんがいうてたやつや!!!!行ってみる!!!!

d0383596_17391999.jpg


d0383596_17391989.jpg
なんて読むんすかあ?



d0383596_17391803.jpg
ええ感じのヤレ具合です。


渡ったところから9%勾配やそうですが、道はありません。。。。。



帰りは、中川の木造倉庫群が見たくなって高雄経由で帰りました。
d0383596_17391915.jpg




アイズさんに寄りましたが、何を買いに行ったのか、今だに思い出せない。。。。。




d0383596_17392013.jpg
これ、桜のような気がする。。。。。。

一本だけですけどね。



帰りに車で1号線走ってたら、chara先輩に見つかりました。。。。



おわり









by tamzortho2 | 2019-03-24 19:03 | GradBois @ TOEI | Comments(2)

ラリーグランボア2019

ラリーグランボアは今年で何回目になるんだろう?

第1回の時は軽くスルーした気がする。。。。でも、峠カフェの湯沸かし道具は僕のでした。(笑)
第2回は、まいちゃんに持越峠を走らせようと、一緒に参加したのだ。
第3回は、ボカあ、班長交代会議で参加できず。しかしこの年から、ラリーグランボアに参加したら、1年間の割引カードがもらえるという。。。
第4回は、カキオコツーリングと重なっちゃって、僕はカキオコを選んじゃいました。。。。
で今年、第5回?あれ?なんか違う気がする。。。。。まあいいか。。。。
4年間でまいちゃんがどんだけ成長したのか、ある意味チャレンジステージな感じです。


天気予報はずっと雨だったのですけど、関東や、遠くからいらっしゃる方もいるので、中止にはしないというお達しでした。
基本的に濡れるのはあまり良しとしない自転車が多いと思われるので、参加者はめちゃくちゃ少なくなっちゃうんじゃないかと思ってたら、あーた!!!!

めっちゃ多いですやん!!!!!



国宝級の自転車もあるというのに!!!!!




サクッと記念写真撮ったら、さっさと走り始めます。
いつものようにうだうだしてたら雨が降ってくるかもしれない!なんと言っても10時からの降水確率は90%なので。。。。。

d0383596_11560523.jpg
まあでも、何箇所かは止まります。柊野の公園。
ここは、何時もの車を止める場所とは反対のところ。そのまんま成田さんは、真面目に対岸に渡って、先に行っちゃいました。。。。


d0383596_11560526.jpg
鴨川を遡っていきますが、快調にペダルを回しよります。
4年前には、ここの手前の出会橋で帰りたいとかいうてたのに、今回は出会橋はノンストップ通過したのに。。。。。
走れるようになったね。


d0383596_11560691.jpg
4年前にはまだ無かったぜーもんcafe。こないだの雪遊びでも寄りましたが、ちょっとご挨拶に。


ここを出ますと、平均勾配9.4% Max15%の峠道の始まりです。

d0383596_11560651.jpg


d0383596_11560675.jpg
まいちゃんには事前に、「根性で登れ!!絶対足着くな!」という指令を出していましたが、あっさりと完遂するとわ!



少し先の本当の頂上では、親方と専務がコーヒーとケーキを用意して待っててくれました。
d0383596_11560583.jpg
(kiyaさん撮影)

美味しかった。。。。。ありがとうございます。

おしゃべりしている間に、しっかり雨が降ってきました。降水確率90%ですもんね。。。。。




さあ、ここで、さっきもちょろっと出た、国宝級の自転車の話しましょう。

ランドナーとは!!!

ここに出てくる、鳥山エルス。本文でも書いてあります様に日本に入ってきた初めてのルネエルスです。

そして、ここにその実車が。。。。。雨降ってるんですけど。。。。。
d0383596_11560534.jpg
(kiyaさん撮影)

ひょんなことから、「これはあなたが持っているべき自転車です!」とお輿入れしてきたそうです。
オーバーホールは、当然アイズバイシクル。
その結果、単なるラグレスではないということが判明したそうです。これは、トップチューブもダウンチューブもヘッドチューブを貫通していて、ピンで留めてから溶接されているそうです。
d0383596_11560542.jpg


ここにも書いときますけど、昭和29年に日本にやってきた初めてのルネエルスで、徹底的に研究されたようです。その結果、当時はまだイギリスのクラブモデルが主体だったツーリング車の世界にフランスのランドヌールが出てくることになったわけです。

何がどうちゃうんや?という話は、あるでしょうけど、見た目はサドルバック仕様のクラブモデル、フロントバック仕様のランドナーくらいの違いでしょうか?
スケルトンの違いがあるのかどうかは僕は知りません。

なんしか、このエルスがなければ、日本にランドナーの文化はできなかったかもしれません。というくらいの個体なのです。

そんな博物館級の自転車屋のに、よりによって雨の日に乗るやなんて!!!

なんちゅうことを!!!!
レプリカ作ったいうてはりましたやん!!!!そっちでいいですやん!!!



まあいいです。。。。


d0383596_11560500.jpg
(kiyaさん撮影)


まあまあ降ってきたので、フロントバックは急遽自作したゴミ袋改のレインカバーに入れ、自身は雨具をつけ、ダウンヒル!!!!

京見峠もあっさり登り返して、はせがわでハンバーグ食べて帰りました。




おわり






by tamzortho2 | 2019-03-14 12:41 | GradBois @ TOEI | Comments(4)

アイズラリー2018 Autumn

今年のアイズラリー、集合場所はえらい遠かった。。。。。

豊岡市の出石中学校集合!!!

軽くいうてくれますけど、うっとこから3時間はかかりますえ!

集合時間が遅かったからいいようなものの、一歩間違えば前乗りしますで!!!


ということで、朝7時にWi-hujiさんと合流して、ひたすら走りましたよ!!!!
今日のBGMは、Queen〜One Ok Rock〜米津玄師。

出石の集合場所には集合時間の少し前に着けました。♪(v^_^)v

d0383596_00153207.jpg


コッパのチャンピオンSTU48さんはもちろん、カンビオコルサで参加!!!

ご主人はマラストーニ!!!

で、輪行してこられたと。。。。。。


d0383596_00153314.jpg
GrandBois@IRIBE カンビオコルサ仕様   カックイイ〜〜〜!!!



さあ、親方のブリーフィングも終わって走り出します。
d0383596_00153386.jpg




アイズのコースはあとでコースをトレースできないように考えられています。(嘘)
と思わせるようなコースを行きます。
d0383596_00153354.jpg


d0383596_00153365.jpg

後ろは、HRM48さんだった!!!アイズの専務ですわよ!





堤防の道を行きます。
この3台の光り方が半端なくて写真撮ったんですけど、伝わらないなあ。。。。
d0383596_00154407.jpg




ず〜〜〜〜っと平地ですとも!




と、皆が止まって川を凝視している!!!!

なんだ?なんかいるのか?


d0383596_00154437.jpg

鳥やん?


って、これはコウノトリ。
特別天然記念物ですわよ。川に普通にいてました
ここ豊岡市は、コウノトリの繁殖やら保護日から入れているらしくて、今回のツーリングの目的は、「コウノトリを見に行こう!」的なもんだったはず。


d0383596_00154442.jpg

この日は空が綺麗だったなあ。。。。。



d0383596_00154401.jpg

まだまだ平地です。

そして、このアイズのツーリングは、ダートがあったらそっちを走るのです!
d0383596_00154510.jpg

この道の左手100メートルくらいのところに、この道と並行して走る舗装路があります。

そっちの道やったらダメだったんでしょうか?(笑)





d0383596_00154581.jpg
ああ、かわいそうなSTU48さん。。。。しかしなんですなあ。中間ギアもしっかり使われているのを目の当たりにして、この人はまちがいなく、世界一カンビオコルサを扱うのに長けた人なんだろうなあと思いました。



d0383596_00154526.jpg
目的地の「コウノトリの郷」では、「デジイチ持ってきたらよかった!」と思うシーンにたくさん出会いました。

コンデジも頑張りましたけど、これで堪忍してください。







d0383596_00154567.jpg
さあ、帰路に入ります。


まっだまだ平地ですし!!!!




が、ここからちょっとばかし峠道。1キロくらい登った感じかなあ?
d0383596_00154523.jpg

少しだけハアハアして峠。

チョコくんとそのまんまなりたさんがやりあってはるのを後ろから見てました。
う〜ん、、、チョコくん余裕!


d0383596_00154566.jpg

親方は、スーパースペシャルローリングサンダー走法。(笑)



d0383596_00155484.jpg

ofはやま夫妻は、いつも仲よろしいなあ。。。。





またまたど平坦!!!!
d0383596_00155449.jpg



とにかく、空というか雲が綺麗です。


d0383596_00155415.jpg






ススキ〜〜〜!!!!
d0383596_00155497.jpg






d0383596_00155413.jpg

こうして見てると、周り結構山だらけなのに、ちょうど平坦なルートにするのはそれはそれで難しかったのではないかと。。。。。



d0383596_23051127.jpg
2個目の峠を前に点呼の図。ちゃうか。。。。





d0383596_00155503.jpg

ここ、なかなか臭かったです。。。。



理由は。。。。。こいつだ!!!!
d0383596_00155508.jpg

これを踏んだりしようものなら、、、、、、う◯こ踏むのと同義ということになります。(笑)





最後に、もう一個、軽〜〜〜〜く峠越え。
ここで、そのまんまなりたさん、チョコくんをまくったそうです。(笑)



d0383596_00155522.jpg

出石神社は、但馬國一宮だぜい!!!


d0383596_00155595.jpg


d0383596_00160013.jpg

TZ90も、マクロがなあ。。。。もうちょっと望遠側で寄れたらいいのになあ。。。。




d0383596_00160018.jpg

もうちょっと彩度があってくれた方がいいなあ。。。。。




ラリーイベントは、一応、ここで解散です。ここから出石そば食べに行くもよし、市内観光もよしです。





蕎麦食べに行く人ぉ〜〜〜〜〜!!!!!!




ofはやま夫妻、chara先輩、そのまんまなりたさん、Wi-hujiさん、で僕。




d0383596_00153227.jpg
これが出てきてからが妙に長かった気がします。(笑)





d0383596_00153289.jpg
きた〜〜〜〜!!!!!





おかわりしたかったけど、我慢我慢。。。。。


d0383596_00153225.jpg

これを食べたかったのですよん!!!!!蕎麦アイス〜〜〜!!!!!








d0383596_00160091.jpg

車に戻ると、秋が舞い降りてました。。。。。ちゃうか。。。。。(笑)






みんなとお別れして、アフターの温泉です。
近所に城崎温泉があるので、そっちかと思いきや、Wi-hujiさんのリクエストはここでした。

d0383596_00153212.jpg

で、お腹もすいてきて、いい時間なんですけど、ここにあるレストランはパスしようということになりました。


夕日ヶ浦温泉から、ちょっと戻るのがめんどくさくて、峠道に入ってしまい、網野までの数キロはなかなかスリリングでした。
何がスリリングって、野生の鹿!!!
カーブ曲がったら、道いっぱいに鹿の群れ!!!
奈良公園じゃないんだから!!!
「ちょっとどいて〜〜!!!」


網野まで来ても、なかなか良さげな味処がにゃい!!!
さっきの温泉のお食事処なかなか良かったんちゃいますの!!!!なんて思っても、あとの祭り。


間人まで行っても食べるところなかったら、もうあまり贅沢は言わんようにしましょう。



間人は「たいざ」って読みます。強引でしょう?(笑)

起源は、なんとなんとの飛鳥時代!!!

蘇我氏と物部氏の争いが嫌で、この地に逃げて来た聖徳太子のお母さんの間人皇后が語源です。
でもこっちは「はしうどのこうごう」と読むのですわ!っていうか、こっちもまあまあ強引な読み方です。

で、間人皇后がこの地を去る時に自分の名前を土地に賜り、この地は「間人」になったのですが、そのまま「はしうど」と呼ぶのは恐れ多くて、皇后がこの地を退座(たいざ)したのだからとこれに因んで「たいざ」と読むことになった。

って、Wikiに書いてました!!!!


後ヶ浜のあたりをうろちょろしてると、なんかある!!!!!


d0383596_00153284.jpg


海鮮丼、うまうまうまうあああああ!!!!


けど、どうなんだろう。。。。値段との対比を考えると普通なのかなあ?

めちゃくちゃにうまかったけど、それなりの値段ですわね。。。。



さあ、帰る!!!!!
外はもう真っ暗だ!!!
星、半端なく出てる

ここは、ほぼほぼ京都府の一番北の端っこなのだ。
間人は、昔よく海水浴に来てた所でして、当時は遠かった!!!!
京都縦貫道なんかなくって、かなり遠回りをして福知山まで行ったら、そこから延々下道を走って来てましたが、今は大宮町まで京都縦貫道が来てます。

間人を出て、ちょうど2時間でWi-hujiさんを下ろしました。


時は金なり。。。。。

そう、まさに時間をお金で買うのを実感しましたです。



おわり








by tamzortho2 | 2018-11-06 00:16 | GradBois @ TOEI | Comments(7)

二つの丹生川を巡る旅

鈴鹿の反省会の時、cancanさんが言いはりました。


「ちゃんとした、ツーリング行こうや!」




提案されたコースは、「九度山駅集合、吉野解散」


いつも車で行って、周回コースをとる僕としては、ワンウェイコースは新鮮です。


これか!!

これがちゃんとしたツーリングなのか?




がしかし、問題は、和歌山県の九度山を8時にスタートするという事実です。

何時に家出なあかんの?

色々調べた挙句、どうも輪行で行くと半端ない時間に家を出ないといけない。

じゃ車?どこまで?輪行も組み合す?

めちゃくちゃ考えた結果、

高田に車を停める。高田から橋本もしくは九度山まで輪行。

帰りは、吉野から高田市まで輪行すれば良い!

おそらくこれが時間的にも一番ゆっくりできるはず!


が、前夜に、UGの兄♭♭♭氏から「吉野から五条まで帰り一緒に走ろうや!あとは高田まで車で運んだるさかいに!」と。。。。


ああ、もうそれやったら、輪行するのもあんまり意味なくなるので、僕も五条まで車で行くことにしました。


早朝とはいえ、途中、普段は結構混み混みの下道を通るので、30分ほどの余裕を見て家を出ました。五条のデポ地まで途中コンビニ寄っても1時間。超早い!


ついたのは、出発時間の1時間前。早い早すぎる!(笑)


30分ほど仮眠して、気づきました!


「自転車、輪行状態でラゲッジや!」


慌てて組み上げて、荷物の準備もできた頃、cancanさんとvivva2000さん登場。


d0383596_23495643.jpg





ここまで自走で来て、最後は峠越えで帰るっていう、変態さんたちです。(笑)


UGの兄♭♭♭さんもやって来て、そしてそしての、daisukiさん登場!!!


なんと、もしvivva2000さんがoookaさんだったら、僕のラン捕デビューメンバーやないですか!!!

しかも、行き先は偶然にも吉野!!!あの時は洞川発吉野行きだった。。。

oookaさんどないしてはるんやろう?


d0383596_23495647.jpg


d0383596_23495658.jpg


めっちゃくちゃに気持ちのいいCRを通って、ちょちょっと走れば、九度山駅。


d0383596_23495610.jpg

三々五々集まってこられて、総勢12名。

RRCBのレギュラーメンバーに加えて、お初の方が2名。

九度山人さんも、見送りに来てくれはりました。


お久しぶり~~~






さあ、ツーリングタイトル通り、丹生川を遡ります。

d0383596_23495671.jpg




丹生川の蛇行に沿って、ウネウネと。

登りだけど、勾配は全然きつくない。






Vivva2000さんのエルスがめっちゃ光っとります!

d0383596_23495744.jpg




R371合流で、ちょっと停止。


d0383596_23495719.jpg



緑のコリドーを抜け、トンネルを抜け、どんどん遡ります。

d0383596_23500707.jpg

d0383596_23500706.jpg



宿温泉でちょっと止まって、さらにさらに!!!!





下筒香の集落が見えるところで休憩です。

d0383596_23500759.jpg




とりあえず、よくあんなところに家を構えようと思ったものだ。

僕なら、雨の降るたびに、ビビってビビって。。。。。





今井辻分岐をすぎて、ぐんぐん進みます。


d0383596_23500729.jpg



出屋敷峠への分岐をすぎてもどんどん進みます。


d0383596_23500862.jpg



どうだ!!!ガード付き集団の迫力は!!!!


d0383596_23500843.jpg


オーラを感じるゼィ!!!!!!




東富貴の神社かお寺かで、ご飯です。




停めたまゆゆがとても愛おしい。

d0383596_23500809.jpg



愛おしいとかいう言葉を使っていますけど、実は僕の所有するガード付き自転車の中で一番走るのはこのまゆゆなのだ。シートステー16φの剛性は、半端ないのです!!!





富貴の集落内でやっておられる、焼きもちカフェ。

d0383596_23500842.jpg


d0383596_23495505.jpg

焼きもち1個50円。2個食べました。

素朴な味で、あと2個くらい食べれそう。。。。。





気持ち良さそう。。。。。(笑)

d0383596_23500823.jpg



実は、ここに、ボンネットバスが上がってくるらしい。

イベントの貸切運行らしいけど、ちょっと見たいぞよ。

1時間くらい待って、下の方まで迎えに行って、見つからず、諦めて登り返してくると、すぐ脇に留まっているという。




をを!!!!

記念写真!!!!

d0383596_23500865.jpg


実はこのボンネットバス、昭和41年生まれ。

同い年じゃん!!!!(嬉)






それにしても、バランスめっちゃ悪そう。。。。。

後ろ長すぎるやろ!

d0383596_23502049.jpg





ちょっと戻って、軽い峠越えです。

d0383596_23502081.jpg

ここから先は奈良県に入ります。




北側の展望がひらけて、なんかツーリングしてる気分が盛り上がって来ます。

d0383596_23502063.jpg




バッキュ~~~んと下っていくと、前に来た温泉の脇に出てきます。国道までさらに下って行きますけど、こんな下ってたかなあ?




国道をちょっと走って、またまた脇道に逸れますが、ここはトンネルができるまで国道だった旧道です。めっちゃ細いし!!!




西吉野大滝で休憩。まあ、ここはスルーするところではない。

d0383596_23502074.jpg




城戸から、黒滝に抜けます。





ここからが2つ目の丹生川。





1つ目の丹生川と同様、ウネウネと蛇行する川に沿って、緩い勾配で登って行きます。




と、ツッチーさん暴走開始!

d0383596_23502172.jpg



何かに取り憑かれたようにカッ飛んで行きはります。

その気持ちめっちゃわかる~~~!!!




ゆるい登り坂って、そんな気分になっちゃいます。


ここで後続待ちです。

d0383596_23502102.jpg






もうちょっと行くと、旧丹生小学校。

立派です!!!

d0383596_23502193.jpg




う~ん、ニューサイクリング!

d0383596_23502146.jpg




集合写真も撮りました。モノクロームがとても似合います。


d0383596_23495554.jpg
(撮影 cancanさん)




息を整えて、さらにさらに進みます。

d0383596_23502265.jpg


d0383596_23502232.jpg


R309に出て、ちょっと走ると道の駅黒滝。





名物のこんにゃくを食す!

汗をかいているので、塩味がとても沁み入る。

d0383596_23495595.jpg



お代わり!




丹生川と別れて、支流の黒滝川に沿って吉野山に向かいます。

この道も勾配は緩くて、上りというなら、地蔵トンネルの直前だけだった気がします。




暗い地蔵トンネルを、COB電球で明るく照らしつつしゅばーと走り抜け、気持ち良いダウンヒルをこなせば、吉野山分岐。




ここで、相談。




「どうする?このまま下ったら下市やで。」

「吉野山行っても、遠回りなだけやん?」

「もう、2つの丹生川はしっかり巡ったしのう。。。。。」

「下る?」

「自走組は吉野経由の方が早いねん。」

「どこ超える?裏芋?」



そうかあ。自走組は、どうしてもどこかもう一個山を越えんといかんのか。。。。。

僕は今からもう一個山超えろって言われたら、ものすごく嫌だわ。



相談の結果、自走組は吉野経由で、五条デポ組&輪行組は下市へ下ることになりました。

ん?ofはやまさん、輪行なのに、吉野行っちゃった。。。。。変態です!

d0383596_23502610.jpg





d0383596_23514723.jpg

syokoraさんを先頭に、下市までさらに気持ち良いダウンヒル。


道の脇には彼岸花が咲き乱れていて、一人だったら停まりまくるだろうに。




下市で、輪行組と分かれて、デポ組+Wi-hujiさん(帰りは一緒に帰るのだ!)で紀ノ川沿いを行きます。


最初僕が先頭走ってました。

そのうち、UGの兄♭♭♭さんが先頭代わってくれはって、ちょこっとペース上がって、さらに先頭交代して、ちょっとペース上がって、が3回くらい。。。。


後ろを見ると、Wi-hujiさんとdaisukiさんが離れちゃってる。。。。

微妙にペース落とすと、ちょっとずつ近づいてきはりました。

まとまるかなあ?と思っていたら、UGの兄♭♭♭さんが先頭に!


ま~たペース上がって、あとは、暴走でした。。。。。

最後のちょっとした登りで、ちぎれそうになったのは内緒です。


d0383596_22272371.jpg







ああ。。。めちゃくちゃに楽しかった。


ちゃんとしたツーリングって、どんなんかなあ?と鑑みるに、やっぱり、余韻の残る旅というか、この先どの位自転車遊びをするか知りませんけど、10年後とかに、「あの時は楽しかった!」と言えることかなあ?


そういう意味では、このグループでの遊びは、全部ちゃんとしたツーリングのような気がします。

DaisukiさんのHPで出会ってもう19年目になります。途中、当のdaisukiさんが大病されたり、UGの兄♭♭♭さんも股関節の手術されたり、僕だって大怪我したりと、色々あったけど、今でもみんな一緒に遊べるのはとても幸せなことだと思います。


RRCBの皆々様、動けんようになるまで、遊びましょうね!


家族の揶揄なんか右から左へ聞き流しちゃいましょうぞ!!!!



おわり






by tamzortho2 | 2018-09-25 23:49 | GradBois @ TOEI | Comments(6)