人気ブログランキング |

朝から嫁はんは、東京へ行くと言う。
チアダンスの応援だそうだ。。。。。
まあ、娘はチアダンスやってましたがね、ここにも書いてませんけど、高校ではキャプテンもやってて全国大会も部門賞からグランプリから何から何まで総なめにして、有終の美を飾って卒業しましたがね、でもまだ今度は指導者の立場で部活に行くと言う。。。。。そして、指導者になってまでも東京の大会について行くという。。。。
で、それに嫁はんもついて行くんだと!!!!

いや、まあ別にいいけど。。。。。

朝から嫁はんを駅まで送って行って、そのまま高速に乗りました。。。

日吉起点の美山周回コースとか思ってたのですけど、何気に見たFBの投稿見てビビりました。

なんと、美山」は積雪!!!!

市内起点の保津峡〜神吉ぐるりんぱ。
ああ、そうだ、こないだ、このコースに名前がついたのです。

ラリー裏んボア

はい。先の3月10日に行われた、ラリーグランボアで、中京地区からお越しの皆様をCog@BLKさんが、「走り足りないでしょう?」とオプションで設定してはったコースです。コースは、基本的に杉坂から京見越えのノーマルコースを外れて、細野〜神吉〜保津峡と思いっきり遠回りをするという。。。。

まあ、昔からよく走ってるコースはコースなんですけど、名前つけたほうがわかりやすいですやん?(笑)
「どこ走るの?」
「ラリー裏んボア」
みたいな。。。。
ほんでもって、基本的にこのコース走るときは保津峡から登って行くパターンが多いので、今回もその方向にしましたので、ラリー裏んボア〜逆回り〜なわけです。


ああ、、長い。。。。。



d0383596_17385716.jpg

広沢池の脇から、大ちゃんロードに入っていきます。
去年か一昨年かに大ちゃんに教えてもらった道です。
大ちゃんは、こないだアイズバイシクルを退職して、九州に帰ってプラットフォームっていう自転車屋を開店しました。
そっち方面な方、ご贔屓に!!!!!

ちょっと道間違ったけど、(そういえば、大ちゃんも時々道間違ってたなあ。。。。)いつもの道に入ります。
d0383596_17385729.jpg

まだまだ観光客は少ない時間です。


d0383596_17385804.jpg

川津桜かなあ?


d0383596_17385839.jpg

僕のコンデジはLUMIXのTZ90というやつです。RAWでも記録できるまあまあハイエンドなモデルだと思うんですけど、やはりデジイチには負けるなあ。。。。


せっせと六丁峠を越えて、保津峡駅俯瞰ポイントに着きます。
d0383596_17385838.jpg

まあまあ、カーブミラーと右の木邪魔!!
うまいこと切り取れそうに思いますでしょ?
それがなかなか。。。。すんません。。。。。。


d0383596_17385942.jpg

日の光の入り方なのかはわかりませんが、今日はどこも水がすごく綺麗に見えました。

今まで、「保津峡ってそないに大して凄いこともないやん」とか思ってましたが、今日は「けっこう綺麗やん」と思いました。



すぐ脇の川の水もめっちゃ綺麗に見えました。
d0383596_17385910.jpg

そんなに落差のある流れでもないんですけど、水の泡がひちの底の方まで吸い込まれるように残っていて、すごい立体感というかなんというか。。。。


d0383596_17385974.jpg

水尾の里辺りまで来ると、もう京都市とは思えない景色になってきてます。この辺の景色大好きなのです。


d0383596_17385945.jpg

すごいいい匂いするなあと思っていたら、道の下に梅林がありました。
そうだ!!!ここは、今の季節桃源郷のようになるのです。タイミングが非常に難しいですけどね。
d0383596_17390032.jpg

手前は柚子の木で、向こう側は梅の木です。


d0383596_17390972.jpg

神明峠まで来ました。。。。。じんみょうとうげって読むんですけど、実はここからがしんどい。。。。。
何回かすでに書いてるかもしれませんけど、この神明峠は僕の自転車のすぐ先から左に下っていく愛宕林道の峠になります。メインルートは峠の頂上から尾根伝いに樒原〜越畑へといく道。尾根道というものは、必ず鞍部にある峠からは上りになるのは当たり前。。。。。上りはさらに続くのです。。。。。クソ!!!

3つ目くらいのピークが本当のピーク。(笑)
d0383596_17391042.jpg




緩やかに降っていくと、杉林から一気に視界が開けます。(写真はうまく撮れませんでした)
いつもの定点観測に近い神社。(笑)
d0383596_17391056.jpg

こうしてみていると、そんなに悪いバランスではない気もするけど、いかがでしょう?
やっぱりヘッドチューブ長いですか?
フロントバックでかいですか?


d0383596_17391016.jpg

樒原〜越畑は、かなり標高の高いところに展開する集落ですけど、信じられないくらいに広い畑があります。いや、田んぼか。。。。
棚田になってますので、全貌を見ようと思ったら、上から見ないと。。。。。ちょっと無理。。。。


d0383596_17391001.jpg

消火栓邪魔やわ。。。。。電柱も邪魔やけど、無いと自転車置けないし。。。。。(笑)




まつばらで蕎麦という手もあったけど、一人で入るのもなあ。。。。。と、スルー。




d0383596_17391132.jpg

この頃には雨も上がって、廻り田池もとても綺麗でした。



d0383596_17391164.jpg

神吉村道路元標にご挨拶。


と、目に飛び込む道路情報案内
d0383596_17391152.jpg

はあ???


もし何なら、ここから引き返せと?

あり得ません。。。。。ダメ元で突っ込んでいきます。
バリケードがあったら、ちょっと考えることにしますぅ〜〜〜


なんてことない、R477の方だった。。。。
裏んボアのコースはバリケードなし。
「全面通行止」の看板のみ!
でもバリケードなし!!!


自己責任で突っ込みます。。。。。



何の問題もなく、細野までこれてしまいました。
車も全然通れましたけど?何故「車両通行止」でなく「全面通行止」?


細野でおにぎり食べたら、細野村道路元標にご挨拶。
d0383596_17391125.jpg






笠トンネルをくぐります。手を伸ばしてダイナモ倒して、、、、あれ?

電気点かへん。。。。。

まあ、幸い、笠トンネルはまあまあ明るいし、車もちょうど来なかったので、無灯火で全力で走り抜けてしまいましたが、何で点かない?

まゆゆ2号は、大ちゃんの手で電装コードフル内蔵だぞ!!!
と、あ、ダイナモのところで電線外れてました。。。。。。

d0383596_17391869.jpg

小野郷村道路元標にもご挨拶。



d0383596_17391824.jpg

ここ、岩戸落葉神社は秋にはそれはそれは素敵になるのですが、新緑前の今は、まあまあ悲しい状態です。


杉阪口で、信号。ふと横みると、廃橋が。。。。。

これ確か、たきやんさんがいうてたやつや!!!!行ってみる!!!!

d0383596_17391999.jpg


d0383596_17391989.jpg
なんて読むんすかあ?



d0383596_17391803.jpg
ええ感じのヤレ具合です。


渡ったところから9%勾配やそうですが、道はありません。。。。。



帰りは、中川の木造倉庫群が見たくなって高雄経由で帰りました。
d0383596_17391915.jpg




アイズさんに寄りましたが、何を買いに行ったのか、今だに思い出せない。。。。。




d0383596_17392013.jpg
これ、桜のような気がする。。。。。。

一本だけですけどね。



帰りに車で1号線走ってたら、chara先輩に見つかりました。。。。



おわり









by tamzortho2 | 2019-03-24 19:03 | GradBois @ TOEI | Comments(2)

ここのところ、仕事がめっちゃくちゃに忙しくって、普段自転車に乗る元気が出ません。。。。
例年、夜練だの朝練だのって、結構乗っていた気がするけど、今年は本当に忙しい。。。。

木曜日、ちょっと時間ができて、まあまあ元気だったので、3時間だけだけど、乗りました。

相棒に選んだのは、僕が所有する自転車の中で最も尖ってるやつ。(笑)

目標は、

「ちゃんとハアハアする!」




しかしこれがなかなかできませんのです。。。。。休んじゃう。。。。。

d0383596_23322846.jpg
ここらあたりで家から10キロくらいでしょうか。。。。すでに背筋がパンパン。。。。。
前傾姿勢に慣れてない。。。。。背筋が鈍りまくっている。。。。



d0383596_23322837.jpg
観音寺によってみた。。。。。まだ早かった。。。。。。



井手町で、河津桜らしきもの発見。。。。。
d0383596_23322836.jpg





路地奥に、六角井戸発見!!!
d0383596_23322871.jpg
なんと天平時代のだって。。。。そういえば、この辺りは橘諸兄のテリトリー!!!!



旧宅跡もあります。
d0383596_23322919.jpg



帰り道に見つけた!!!白いところがそうなのかなあ?火山灰?どこの山?
d0383596_23322939.jpg



帰り道は山背古道。。。
d0383596_23322929.jpg



JR奈良線の電車、変わってました。。。。。どこからの移転車なんだろう?
d0383596_23322996.jpg

Wikiで調べたった!!!阪和線からの205系だって。。。。。


上狛のお茶問屋が密集するところでは、お茶を焙じる香りが充満してました。大好きなんだな。。。。ここ。。。。
d0383596_23322922.jpg
こういう街並みに、モダンロードはまあまあいけると思います。



は!!!!ちゃんとハアハアしなかった!!!



_| ̄|○




おわり






by tamzortho2 | 2019-03-16 23:45 | De Rosa SuperKing | Comments(0)

ラリーグランボア2019

ラリーグランボアは今年で何回目になるんだろう?

第1回の時は軽くスルーした気がする。。。。でも、峠カフェの湯沸かし道具は僕のでした。(笑)
第2回は、まいちゃんに持越峠を走らせようと、一緒に参加したのだ。
第3回は、ボカあ、班長交代会議で参加できず。しかしこの年から、ラリーグランボアに参加したら、1年間の割引カードがもらえるという。。。
第4回は、カキオコツーリングと重なっちゃって、僕はカキオコを選んじゃいました。。。。
で今年、第5回?あれ?なんか違う気がする。。。。。まあいいか。。。。
4年間でまいちゃんがどんだけ成長したのか、ある意味チャレンジステージな感じです。


天気予報はずっと雨だったのですけど、関東や、遠くからいらっしゃる方もいるので、中止にはしないというお達しでした。
基本的に濡れるのはあまり良しとしない自転車が多いと思われるので、参加者はめちゃくちゃ少なくなっちゃうんじゃないかと思ってたら、あーた!!!!

めっちゃ多いですやん!!!!!



国宝級の自転車もあるというのに!!!!!




サクッと記念写真撮ったら、さっさと走り始めます。
いつものようにうだうだしてたら雨が降ってくるかもしれない!なんと言っても10時からの降水確率は90%なので。。。。。

d0383596_11560523.jpg
まあでも、何箇所かは止まります。柊野の公園。
ここは、何時もの車を止める場所とは反対のところ。そのまんま成田さんは、真面目に対岸に渡って、先に行っちゃいました。。。。


d0383596_11560526.jpg
鴨川を遡っていきますが、快調にペダルを回しよります。
4年前には、ここの手前の出会橋で帰りたいとかいうてたのに、今回は出会橋はノンストップ通過したのに。。。。。
走れるようになったね。


d0383596_11560691.jpg
4年前にはまだ無かったぜーもんcafe。こないだの雪遊びでも寄りましたが、ちょっとご挨拶に。


ここを出ますと、平均勾配9.4% Max15%の峠道の始まりです。

d0383596_11560651.jpg


d0383596_11560675.jpg
まいちゃんには事前に、「根性で登れ!!絶対足着くな!」という指令を出していましたが、あっさりと完遂するとわ!



少し先の本当の頂上では、親方と専務がコーヒーとケーキを用意して待っててくれました。
d0383596_11560583.jpg
(kiyaさん撮影)

美味しかった。。。。。ありがとうございます。

おしゃべりしている間に、しっかり雨が降ってきました。降水確率90%ですもんね。。。。。




さあ、ここで、さっきもちょろっと出た、国宝級の自転車の話しましょう。

ランドナーとは!!!

ここに出てくる、鳥山エルス。本文でも書いてあります様に日本に入ってきた初めてのルネエルスです。

そして、ここにその実車が。。。。。雨降ってるんですけど。。。。。
d0383596_11560534.jpg
(kiyaさん撮影)

ひょんなことから、「これはあなたが持っているべき自転車です!」とお輿入れしてきたそうです。
オーバーホールは、当然アイズバイシクル。
その結果、単なるラグレスではないということが判明したそうです。これは、トップチューブもダウンチューブもヘッドチューブを貫通していて、ピンで留めてから溶接されているそうです。
d0383596_11560542.jpg


ここにも書いときますけど、昭和29年に日本にやってきた初めてのルネエルスで、徹底的に研究されたようです。その結果、当時はまだイギリスのクラブモデルが主体だったツーリング車の世界にフランスのランドヌールが出てくることになったわけです。

何がどうちゃうんや?という話は、あるでしょうけど、見た目はサドルバック仕様のクラブモデル、フロントバック仕様のランドナーくらいの違いでしょうか?
スケルトンの違いがあるのかどうかは僕は知りません。

なんしか、このエルスがなければ、日本にランドナーの文化はできなかったかもしれません。というくらいの個体なのです。

そんな博物館級の自転車屋のに、よりによって雨の日に乗るやなんて!!!

なんちゅうことを!!!!
レプリカ作ったいうてはりましたやん!!!!そっちでいいですやん!!!



まあいいです。。。。


d0383596_11560500.jpg
(kiyaさん撮影)


まあまあ降ってきたので、フロントバックは急遽自作したゴミ袋改のレインカバーに入れ、自身は雨具をつけ、ダウンヒル!!!!

京見峠もあっさり登り返して、はせがわでハンバーグ食べて帰りました。




おわり






by tamzortho2 | 2019-03-14 12:41 | GradBois @ TOEI | Comments(4)