人気ブログランキング |

みるきー号のダイナモが壊れたので、懐中電灯でなんかいいのないかと探していました。
K's電気でいいのみっけ!!!!!

400ルーメン!!!!

早速つけてみた。

d0383596_23435456.jpg


いいじゃん!!!



走ってみた。。。。。。


めっちゃちらつく。。。。。。振動で、いちいち接点が緩くなる感じか。。。。。


ダメじゃん。。。。。


シートピラーを変えて、きっちりとサドルの水平が出てから、なんか、足がめっちゃ回ります。ほんのわずかなんですけどねえ。。。。
写真に撮っても言わないとわからないようなレベルなんですけど、めっちゃ足が回ります。

不思議です。


夕方ちょっとだけ時間があったので、ハアハアしに行きました。
d0383596_23435477.jpg


d0383596_23435437.jpg


d0383596_23435488.jpg



イリベさんの四九日法要が終わったそうです。。。。。




まだ、信じられない。。。。。




おわり








by tamzortho2 | 2019-06-20 23:52 | GradBois @ IRIBE | Comments(0)

今井デー2019

6月第2日曜は「今井デー」と呼ばれています。

僕のサイクルライフの根幹を成すといっても過言ではない、我が「自転車遊びのスタイル」というものは、ニューサイクリング誌に出会うことによって確立されたといえます。

炎上覚悟で、毒を吐いてみますと、ランドナーとかスポルティフとかって、本来レース車両ですよね?
ポリーとか、こう何というのか、単に早く目的地に着くという通常のレースとは趣向の違う、実際にいろんな自然環境であるとかを考慮して、それでも走り続けることのできる装備を有した自転車。。。。2系統のライトシステムや、ガードを装備するというややこしいレギュレーションも、有事に対応しなければならないという必然から出来上がったものなのです。

これが、ランドナーの元「ランドヌール」なのです。
実際、ランドナーは、太いタイヤを装備し、過酷なダートをも走破できるという車種ですが、本来はそういう道路を使ったレース用車両なのです。

違ったっけ。。。。。。(笑)


うまく言えないが、フランスで生まれた、レース車両なランドナーだけど、日本に来た瞬間に「旅用の自転車」に変身したわけです。

そして、その文化はしっかりと根付きました。

ランドナーは「旅をするための自転車」
という認識です。。。。。全然問題なし!!!

その文化を確立したのが、ニューサイクリング誌であるというのは、間違い無いと思っています。

そのニューサイクリング誌の編集長だったのが今井氏で、氏の好きだった杖突峠で年に一回氏を偲びましょうという集まりなわけです。





前置きなが!!!!!!!





今年はこの人と一緒に走りました。
d0383596_21304706.jpg



Bikariaさん。


コースは、僕がベストと思っているコースで走りました。




2人とかで走っていると、極端に写真が減りますね。
d0383596_21304872.jpg


もみじ湖への入り口あたりです。


d0383596_21304801.jpg

もみじ湖まではほんのちょっと登ります。



d0383596_21304826.jpg

パターソンズの画集に出てきそうな風景。2年前もここで写真撮りました。






そして、有賀峠到着。
d0383596_21304837.jpg

なんか肥えたなあ。。。。(悲)






有賀峠を下って、諏訪神社上社にお参り。
d0383596_21304851.jpg

前にTNさん&Bikariaさんと有賀峠を越えた時もここに来た。
デフォルトですか?(笑)



手水の龍がかっちょいい!  苔もとてもキレイ。
d0383596_21304827.jpg




この今井デーのタイムテーブル、12:00フラットに峠の茶屋で記念撮影という決まりの他に、茅野側は10:00にコンビニスタートという暗黙の了解もあります。
一応、安堂寺のコンビニへ寄ってみますが、誰もいない。まあ、通り道なので、全然いいけど、みんなを追いかけます。
d0383596_21304909.jpg

新緑の中頑張るBikariaさん。



d0383596_21304950.jpg

ちょっと天気がよろしくないですが、雨は降ってません。


d0383596_21304930.jpg

峠の茶屋には、すでにたくさんのツーリング車が止まっていました。今年はちょっと人数少なめでしょうか。
やっぱり、写真撮るときには雨は降りませんでした。






d0383596_21305954.jpg
2年前は、この辺りから微妙にお腹が痛くなってきて、高遠まで暴走したのです。
今年は、お腹の具合も悪くなく、順調に帰りましたとさ。。。。。。


車に着く頃、霧雨状態で、自転車をラゲッジに入れて荷物の後片付けをしたら、まあまあ濡れるほどでした。


さあ、来年は参加できるのかなあ?
ダート林道を案内してくださいね。>Bikariaさん



ま、今回はちょっと天気悪くって、中央アルプスも見えなかったけど、こんなもんでどうですか?>イリベさん。




おわり





by tamzortho2 | 2019-06-16 23:17 | GradBois @ IRIBE | Comments(4)

こないだの木曜日、朝起きると、いい天気。
梅雨なのに、清々しい!

こんな日は乗らないと損です!!!

ちょっといつもと違う道を通ってみます。
d0383596_21242524.jpg



でも、通る場所は一緒です。(笑)
d0383596_21242683.jpg
(定点観測ポイント)



実は、先週だったか先々週だったかに、イリベオーナーのMRI48さんと朝のお散歩に出かけたのです。
大正池〜ジェットコースター〜当尾というコースだったのですけど、写真撮りたくてもなかなか止まれなくて、同じコース再訪したろうと目論んでいました。


大正池の途中で停まるなんて、なかなかしませんで。。。。。(笑)
d0383596_21242635.jpg


d0383596_21242640.jpg
(シートピラーを交換しました。これでバッチリ水平が出せるようになりました)



ピークをノンストップで越えて、ジェットコースターで茶畑&棚田を愛でます。新緑シーズン限定だし!!!!
d0383596_21242623.jpg


d0383596_21242637.jpg


d0383596_21242606.jpg


d0383596_21242750.jpg


d0383596_21242761.jpg


d0383596_21243229.jpg


d0383596_21243334.jpg

なかなかでしょう?

当尾までいつもと違うルートを走ってみました。まあまあ予想していた通り、最後は20%近い劇坂でした。(写真なし)





岩船寺でちょこっと休憩して、石仏めぐりの道でもって浄瑠璃寺方面へ。
この道で前にガードをひんまげたことがあるので、細心の注意で下りました。


d0383596_21243318.jpg
ここ、もう少ししたら紫陽花が咲き乱れます。



いつもの廃線跡で帰りました。
d0383596_21243359.jpg


しかし、去年のGWから、ピラーをグランコンペに変えて、櫓が見えなくなったのはいいけど、サドルの角度が決まらなくて、今回サンプレタイプのフジタベルトにしました。バッチリ水平のポジションが出せて、大満足。と、足めっちゃ回るようになった気がします。単にかかかっていただけなのかもしれませんが、とても頑張れてしまいました。

おかげさまで足がパンパンです。



イリベさんは、ここ走ったことあるのだろうか。。。。。。




おわり






by tamzortho2 | 2019-06-14 22:00 | GradBois @ IRIBE | Comments(0)